一般歯科・予防歯科

の痛み・しみるといった症状がありましたら、なるべく早くご相談ください

画像

むし歯は多くの方が経験する病気です。ごく初期の段階では痛みなどの自覚症状は現れません。お口の変化に気づいたときには、すでに進行してしまっているといえます。こちらではそのむし歯についてお話ししますので、しっかり理解してむし歯の予防につなげてください。歯が「痛い」「しみる」などの症状がありましたら、お早めに糟屋郡新宮町の楽しい歯医者「杜の宮かなだ歯科医院」の一般歯科の受診をおすすめします。

予防歯科はコチラから

むし歯とは?

画像

むし歯とは、「酸」によって歯が溶かされる病気です。この「酸」は、むし歯菌(おもにミュータンス菌)によってつくられます。むし歯菌が飲食物に含まれる糖分を分解し「酸」とネバネバしたものを増やしていきお口の中に歯垢(プラーク)を形成。そこでつくられる「酸」が歯をジワジワ溶かしていくのです。「酸」がつくられるまでには、ある程度の時間がかかりますので、食べたらすぐに歯をみがく、または口ゆすぎをすることが、むし歯予防につながります。

むし歯の進行

むし歯のごく初期の段階は「脱灰」ともよばれ、歯の成分であるカルシウムなどが少しだけ溶け出した状態を指します。この段階で「再石灰化:溶け出した歯の成分が元に戻ること」を促すことができれば、むし歯は進行しません。しかし、この段階を過ぎてしまうと治療を行わないかぎりむし歯の進行は止まりません。最終的には歯を抜くことになってしまうむし歯。そうなる前の早期発見・早期治療が大切です。むし歯はその進行段階によりC0からC4の5段階に分けられますので、その進行状況をご説明します。

進行段階 イメージ 症状
CO:ごく初期のむし歯
脱灰
イメージ画像 歯の表面の硬いエナメル質の成分が少しだけ溶かされ、白濁している程度の状態です。自覚症状はありません。
C1:初期の歯
エナメル質のむし歯
イメージ画像 エナメル質がさらに溶け、茶色や黒色に変色している状態です。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みなどは現れません。
C2:中期のむし歯
象牙質のむし歯
イメージ画像 エナメル質の内側の象牙質にまで進んだむし歯です。冷たい物や甘い物がしみるようになり、痛みも感じるようになります。
C3:後期のむし歯
神経にまで達したむし歯
イメージ画像 象牙質のさらに内側にある神経にまでおよんだむし歯です。何もしなくてもズキズキ痛むようになります。
C4:重度のむし歯
歯冠(歯の上の部分)がほとんど溶かされたむし歯
イメージ画像 歯冠がほとんど溶けた状態です。神経がすっかり死んでしまうと痛みはいったんなくなりますが、歯の根の先に病巣ができるとふたたび激しく痛みます。

むし歯の治療

むし歯の進行段階によってその治療法が異なります。治療法とそのおもな適用段階をご紹介します。

治療・処置方法 治療内容 適用するむし歯の段階
フッ素塗布 歯質を強化し、「再石灰化」を促す効果のあるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。 ・ごく初期(脱灰)の段階
・むし歯予防やメンテナンス
レジン
(歯科用プラスチック)
による詰め物
むし歯部分を削り、そこにレジンを詰め、削った部分を補います。 ・C1程度の小さなむし歯
インレー(詰め物)
または
クラウン(被せ物)の装着
むし歯部分を削り、その部分の型を取り、作製した人工歯で補います。小さい場合はインレーを、大きい場合は、クラウンを装着します。 ・C2の段階以降(そのむし歯の大きさにより適した人工歯を装着)
根管治療 歯の神経の入っている細い管(根管)からむし歯に汚染された神経などを除去し、洗浄・消毒したあと、薬剤をすき間なく埋めます。 ・C3以降(歯を残すために行います。根管治療後はその上に人工歯を被せます)
抜歯 抜歯後はブリッジ・入れ歯またはインプラント治療を行います。 ・C4以降(根管治療を行っても歯の根を残せない場合)

Pick Up!! 無痛治療(できるかぎり痛みを抑えた治療)

当院では、できるだけ痛みを抑えた治療を行うためのさまざま工夫をしています。治療中に痛みを感じることがないように行う局所麻酔にも電動注射器を使用。麻酔液を注入するときの痛みを軽減しています。笑気吸入により、リラックス状態での治療を受けていただくことも可能です。

日のセルフケアと歯科医院での定期健診でむし歯を予防しましょう

画像

むし歯は、そのメカニズムがハッキリしているので実は予防できる病気です。むし歯にかかってしまってからの治療は大切ですが、歯を削ったり、詰め物や被せ物でその部分を補ったりしなければなりません。つまり元の歯には戻せないのです。お口の健康を保つためには「治療」よりも「予防」が効果的です。杜の宮かなだ歯科医院の定期健診を受けて、むし歯を予防しましょう。

予防歯科の大切さ

画像

むし歯や歯周病は、再発しやすい病気です。予防のためには毎日の歯みがきによるセルフケアが基本ですが、それでもどうしてもみがき残しが発生してしまいます。そこで活用していただきたいのが歯科医院での定期健診です。その際、口腔衛生のプロフェッショナルによる歯のクリーニングを受け、普段のケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯茎の溝の汚れを徹底的に落とすことが、お口のトラブル予防につながります。

予防歯科のメニュー

PMTC

画像

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科衛生士や歯科医師などの口腔衛生のプロフェッショナルによる専用機器を用いた歯のクリーニングのことです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯垢や歯石を徹底的に除去します。むし歯の予防はもちろん、歯周病の治療や予防にも効果的です。また軽度の色素沈着でしたら取り除くことができるので、歯を自然な白さに戻す効果もあります。また口臭予防にも役立ちます。

フッ素塗布

画像

フッ素には歯質を強化し、「再石灰化」を促す効果があります。このフッ素を歯の表面に塗布する処置がフッ素塗布です。細菌の繁殖を抑える効果もありますので、定期的に塗布することによりお口の中をむし歯になりにくい環境に保つことができます。痛みのない処置ですので、お子様から歯医者が苦手な大人の方まで安心して受けていただけます。

定期健診の流れ

1診察

まずむし歯の有無を診査します。また噛み合わせに問題点がないかなどもチェックします。

次へ

2歯茎などの症状確認

歯茎の状態を診察し、歯周病などの症状がないかをチェックします。

次へ

3歯みがき指導

歯に付着する歯垢を赤く染め出す薬剤を使用し、普段の歯みがきでの「みがき残し部分」などを確認していただきます。そして患者様一人ひとりに合った歯みがき方法を指導します。

次へ

4歯石除去

「スケーラー」などの専用器具を使い歯石を丁寧に除去します。

次へ

5歯のクリーニング

PMTCを行い、お口の中を徹底的にきれいにします。

定期健診を受け、お口のきれいにすることは、むし歯や歯周病などのお口のトラブルの予防に効果的です。もし問題が見つかった場合は、その治療を始めます。早期発見・早期治療につながりますので、悪化させてから治療を始めるよりも比較的簡単に済むのです。お口の健康のために、定期健診やメンテナンスを活用しましょう。

お子様の歯をむし歯から守りましょう
そのためのさまざまなポイントはこちらでご紹介しています

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる 一般歯科・予防歯科
  • 歯の色を綺麗にしたい 審美歯科
  • 本物の歯のように噛みたい インプラント
  • 歯並びを綺麗に整えたい 矯正歯科
  • 失った歯を補いたい 入れ歯
  • 口臭や口の環境が気になる

小児歯科

  • 食育について
  • お子様メニュー
  • お母様メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内

歯科タウン