歯周病

っておくと歯が抜けてしまう怖い病気です

画像

歯周病は初期の段階では自覚症状がなく、放置することでどんどん進行してしまう病気です。高齢者がかかるイメージがあるかもしれませんが、最近では10代や20代の方にも見つかっています。日本の成人の約8割が歯周病または歯周病予備軍といわれるほど、蔓延している病気です。歯を失う原因の第1位であることをご存じでしょうか?

こちらのページでは、新宮町の歯医者「杜の宮かなだ歯科医院」が歯周病治療についてご紹介します。

歯周病チェックシート

あなたは大丈夫ですか? 該当する項目がありましたらチェックしてみましょう。

食べものを、いつも同じ片側だけで噛んでいる
前歯の上下の中央がズレている
睡眠中に歯ぎしりをしていると指摘されたことがある
顎がガクガクと動く
下の前歯が上の前歯よりも前に出ている
歯が合わず麺類を前歯で噛み切れない
八重歯など歯列から飛び出ている歯がある
歯と歯の間にすき間がある
全体的に歯並びがデコボコしている
前歯を自然に噛み合わせると、下の歯が見えなくなる
歯に唇が引っ掛かることがある
歯がしみるといった知覚過敏の諸症状が気になっている

チェックがない場合
お口の中は健康な状態です。その状態を保つために毎日のケアを続け、定期健診を受けましょう
チェックが1~3個の場合
歯肉炎の疑いがあります。これ以上の進行を止め、健康な状態に戻すためにお早めに当院にご相談ください。
≫歯肉炎についてはこちらをご覧ください
チェックが4~7個の場合
中等度の歯周炎かもしれません。これ以上悪化させないようになるべく早く治療を始めましょう。
≫中等度の歯周炎についてはこちらをご覧ください
チェックが8個以上の場合
重度の歯周炎になっているかもしれません。歯を失ってしまわないように、すみやかに治療を始めましょう。
≫重度の歯周炎についてはこちらをご覧ください

歯周病とは?

画像

歯周病は、歯と歯茎の境目に歯周病菌の巣となる歯垢がたまり、歯茎の炎症を起こすことから始まり、悪化すると歯を支える組織や顎の骨を溶かし、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の原因

画像

歯周病の直接の原因は歯垢に含まれる歯周病菌です。歯周病菌といってもいくつもの種類があり、ほかの感染症のように1種類の細菌の感染によって引き起こされる訳ではありませんが、感染症のひとつです。そのため全身の免疫力が低下すると歯周病にかかりやすくなり、悪化させやすくなります。歯みがきが不十分なことも原因となりますが、喫煙者は非喫煙者に比べ3~8倍の罹患率があることも注意すべき点です。また糖尿病の方は歯周病が進行しやすいことも報告されています。

歯周病の進行過程

軽度歯周炎(歯肉炎)

画像

歯肉が炎症を起こしている状態です。歯と歯茎の境目が赤く腫れ、歯みがきのときに出血することがあります。口臭を感じることがあります。この段階では歯を支える顎の骨には炎症がおよんでいません。

中等度歯周炎

画像

歯肉だけでなく歯を支える顎の骨にまで炎症がおよんだ状態です。歯茎が下がり、歯が伸びたように見え、歯茎から膿が出ることがあります。歯がグラつき、食べ物がはさまることがあり、冷たい物がしみたり、口臭がきつくなったりします。

重度歯周炎

画像

さらに歯周病が進み、歯の揺れが大きくなり、食べ物をうまく噛み砕くことができなくなります。出血が増え、膿も頻繁に出るようになります。このまま放置すると抜歯を余儀なくされます。

歯周病の原因

まず基本治療を行います。それでも改善が見られない場合は、外科治療を行います。

基本治療
歯みがき指導

画像

さらに歯周病が進み、歯の揺れが大きくなり、食べ物をうまく噛み砕くことができなくなります。出血が増え、膿も頻繁に出るようになります。このまま放置すると抜歯を余儀なくされます。

スケーリング

画像

毎日の歯みがきなどのセルフケアでは落としきれない歯垢や歯石を落とします。「スケーラー」という器具を用いて歯の表面や根の部分、歯と歯の間や歯と歯茎の溝の汚れを落とします。

ルートプレーニング

画像

スケーリングでも落としきれない歯茎の深い部分に付着する汚れを「キュレット」という器具で取り除きます。仕上げには歯根表面のざらつきをなめらかにして歯垢の再付着を防ぎます。

外科治療
フラップ手術

画像

局所麻酔後、歯周ポケット(歯と歯茎の溝)の奥深くの歯垢や歯石、歯周病に感染した歯茎の一部を削り取る処置です。術後のケアをしっかり行うことで、歯茎が再生され元の状態にまで回復します。

再生療法

画像

重度の歯周病で破壊された歯周組織の再生を促す治療法です。歯茎を切開し、歯垢や歯石・歯周病にかかった組織を取り除いたあと、必要な処置を行い、歯肉を縫合。組織の再生を促します。使用する薬剤や方法により、GTR法、エムドゲイン法、GBRなどさまざま種類があります。

一般歯科治療メニュー

  • 歯が痛い・しみる 一般歯科・予防歯科
  • 歯の色を綺麗にしたい 審美歯科
  • 本物の歯のように噛みたい インプラント
  • 歯並びを綺麗に整えたい 矯正歯科
  • 失った歯を補いたい 入れ歯
  • 口臭や口の環境が気になる

小児歯科

  • 食育について
  • お子様メニュー
  • お母様メニュー
  • 院長・スタッフ紹介
  • Q&A
  • 設備紹介
  • 医院案内

歯科タウン